根本 崇

当社に入社したきっかけは

大学時代に1年間、台湾に留学。就職活動時には、中国語を活かせる会社をと考え、当社を見つけました。
『信義房屋』といえば、台湾では一番といっていいほどたくさんの店舗を持つ会社。大手上場企業だという安心感もあって、すぐにエントリーしました。面接でお会いした社長の人柄にも魅力を感じて、すぐに入社を決めました。

現在の仕事内容を教えてください

仲介営業として、主に台湾の富裕層のお客様に、都心の高級マンションのご提案を行っています。現地の説明会を通じて日本の不動産に興味を持ってくださったお客様への反響営業が中心でお客様のニーズは、セカンドハウスから投資用までさまざま。ご契約しておしまいではなく、お引き渡し後のアフターサービスまでトータルに手掛けています。

仕事のやりがいは

台湾のお客様にとって、日本は未知の国であることがほとんど。だから、風習や環境の違いについて、お客様の立場に立って丁寧にご説明するよう心掛けています。
「何も分からなかったけど、根本さんが仲介してくれたおかげで安心して買えたよ」とおっしゃっていただくたびに、この仕事の手応えを実感しています。また、がんばりがボーナスという形で還元されるのもモチベーションにつながっています。

印象に残っている仕事エピソードは

新宿が大好きで、2ヶ月に1度は新宿でお買い物を楽しまれているというお客様。「新宿にセカンドハウスが欲しい」ということで、物件をご案内することになりました。ですが、当時の僕はまだ入社数ヶ月目の駆け出し営業。自分なりに考えて、駅から物件までの動画を撮影したり、物件内の写真もたくさん撮ってアルバムを作成してお送りしたりと工夫を凝らしました。お客様がとても喜んでくださって、ご成約に結びついた時には本当に嬉しかったですね。

職場の雰囲気はどんな感じですか

人間関係はいたってフラット。職場の雰囲気はすごく良いと思います。社員の国籍は、台湾国籍:日本国籍=6:4といったところ。社内では常に中国語と日本語が飛び交っています。
最初は、分からないビジネス会話などは先輩がフォローしてくれました。おかげで、入社当初の中国語スキルはHSK(中国語資格)5級だったのですが、今では6級を取得できました!

これからの目標は

とにかく、成長し続けること!常に何かしら自分の能力を伸ばし続けていきたいんです。もともと学ぶことは好きなので、最近ではコミュニケーション力&営業力を高めるために、行動心理学の本などを読んだりしています。仕事とは直結しませんが、独学で簿記やファイナンシャルプランナーの資格を取得したりもしているんですよ。

オフタイムの過ごし方は

営業は身体が資本!…ということで、まずはランニング。やる気のある時期(?)には、週5回ほど走り込んでいます。あとは、自炊派なので、料理。得意料理はチキンのトマト煮とか、鶏団子のスープとかですね。あとは、時間が許せばゲームに没頭!

これを見ているみなさんにメッセージを!

営業という仕事は決してラクな仕事ではありません。当社の仕事は売っておしまいではないので、やるべきことも、学ぶべきことも多いです。でも、その分、成長するスピードが速いことは保証します。僕もまったくの未経験から入社して、3年目の現在では、お客様からの質問に詰まるシーンはほぼなくなりました。